糖質制限中におすすめのおやつ&スイーツ

糖質制限中は、間食も控えなければいけないのでは…と我慢している人も多いかもしれません。
すぐに慣れることができる人は問題ないですが、やはりなんだか口寂しい、我慢しすぎてストレスが溜まる!という人も居るのではないでしょうか。

 

糖質が低いおやつやスイーツは意外にも沢山あります。
自分で作らなくてもコンビニなどで購入できるものもあります。
甘いものだけでなく、しょっぱいものもおやつ代わりになりますので、甘いものとしょっぱいもののおやつをそれぞれご紹介します。

 

糖質が低い甘いおやつ・寒天

寒天は糖質も低く、カロリーもほぼゼロの食品なので、糖質制限中のおやつとしてとても重宝します。
セブンイレブンやファミリーマートでは、寒天ゼリーカロリーゼロという商品があり、100円程度で購入できます。
1パックあたりの糖質が2g以下なので、他の甘いおやつやスイーツと比べてもぐっと糖質を控えることができます。

 

ライザップ監修のドンレミー 濃厚コミットチーズケーキ

糖質を控えている最中でもケーキなど、しっかりスイーツをしているものを食べたくなるものです。
そんなときにおすすめなのが、CMでも有名なライザップが監修している濃厚コミットチーズケーキです。
通常のチーズケーキよりも50%以上の糖質をカットしており、1個あたりの糖質量が6g以下なので通常のケーキよりも糖質をしっかり抑えられるのでおすすめです。

 

ゼロチョコレート

ブラックチョコレートなど、砂糖や糖類がゼロのチョコレートもおすすめです。
甘さがないので、甘いチョコが好きな方にとっては苦くて食べられない!という人もいると思いますが、カカオを味わうことができる糖分ゼロのチョコレートも慣れるとなかなか美味しいものです。

 

ロッテとコラボしてローソンが販売しているゼロというチョコレートは、いくらかの糖質が含まれていますが、他のチョコと比べてもとても低い糖質に抑えられています。

 

無糖ヨーグルト

ヨーグルトが好きな方が普段から食べているヨーグルトには、糖分で食べやすく味を調整されているものが多いので、糖質も含まれています。
様々な種類のヨーグルトがありますが、糖質制限をしているときは無糖ヨーグルトがおすすめです。
甘さはなくても、ヨーグルトの酸味を味わいたいときや、口さみしいときのおやつとして役立ってくれます。

 

糖質が低いナッツ類

甘いおやつではなく、食品自体の自然な香りや食感で満足できるものも沢山ありますが特におすすめなのがナッツ類です。
ナッツ類全て糖質が低いわけではありません。比較的糖質が低いナッツを選んでおやつ代わりにするのが良いでしょう。

 

ナッツの中でもくるみとアーモンドは糖質が低い方なので、おやつにおすすめです。
特にくるみは100gあたりで糖質が4g程なので、ちょっと口さみしいという時のおやつとしても利用しやすく美味しい食品です。

 

チーズ

 

乳製品であるチーズはたんぱく質は豊富ですが、糖質は低めなので間食におすすめです。
チーズ本来の甘味を感じることができるので、慣れてくるとこの甘さだけで十分満足できます。
乳製品が苦手な人にはおすすめできませんが、おやつ代わりになるチーズはコンビニなどでも手軽に購入できますし、おやつ用の商品も種類が豊富なので、各コンビニごとのチーズを食べ比べするなどの楽しみ方もできます。

 

あたりめ

糖質制限おやつ|あたりめ

 

お酒のつまみや珍味などの中にも糖質が低く、おやつ代わりになる食品が沢山あります。
コンビニで販売されている一般的なおつまみの中でおすすめなのが、あたりめです。

 

あたりめは、イカを干した珍味で塩分が強いですが、糖質が非常に低いです。
コンビニのセブンイレブンで販売されているセブンプレミアムのあたりめは、1食当たりの糖質量が約0.2gと、非常に低いです。
価格も安いので、ちょっと口さみしいなぁ…というときなどにもおすすめです。

 

 

関連ページ

おすすめの食材とは?
糖質制限に役立つ食材について解説しています。健康的な糖質制限に取り組むためには、毎日の食事での食材選びは欠かせません。糖質が気になる方のための食事知識をご紹介しています。
コンビニで購入できる低糖質な食品
お菓子との付き合い方
糖質制限に取り組む方のお菓子との付き合い方、食べ方について解説しています。お菓子は食べるためだけではなく、心を満たすアイテムにもなります。糖質制限時にも食べられるお菓子の情報についてまとめました。
低糖質パンの選び方と種類
糖質制限中でも食べられる低糖質パンの特徴や選ぶ時のポイントとおすすめのパンの種類について解説しています。